teasugar.net

 高血圧治療ガイドライン(2000年版)


 日本高血圧学会(JSH: Japanese Society of Hypertension) による高血圧症治療のガイドライン


●成人における血圧の分類

 分類 収縮期血圧 拡張期血圧
至適血圧 < 120 かつ < 80
正常血圧 < 130 かつ < 85
正常高血圧 130 〜 139 または 85 〜 89
軽症高血圧 140 〜 159 または 90 〜 99
中等度高血圧 160 〜 179 または 100 〜 109
重症高血圧 ≧ 180 または ≧ 110
収縮期高血圧 ≧ 140 かつ < 90

                          (mmHg)


●高血圧患者のリスクの層別化 

↓血圧以外のリスク因子 軽症高血圧 中等度高血圧 重症高血圧
危険因子なし 低リスク 中等リスク 高リスク
糖尿病以外の危険因子あり 中等リスク 中等リスク 高リスク
糖尿病,臓器障害,心血管病のいずれかがある 高リスク 高リスク 高リスク

●心血管病の危険因子


 高血圧
 喫煙
 高コレステロール血症
 糖尿病
 高齢(男性60歳以上,女性65歳以上)
 若年発症の心血管病の家族歴


●臓器障害 / 心血管病

心臓 左室肥大
狭心症・心筋梗塞の既往
心不全
脳出血・脳梗塞
一過性脳虚血発作
腎臓 尿蛋白
腎障害・腎不全
血管 動脈硬化性プラーク
大動脈解離
閉鎖性動脈疾患
眼底 高血圧性網膜症

●第一選択薬

 Ca拮抗薬
 ACE阻害薬
 AII 受容体拮抗薬
 利尿薬
 β遮断薬(含むαβ遮断薬)
 α遮断薬


●降圧目標

若年・中年者・糖尿病患者 130/85 mmHg未満
高齢者(年齢を考慮) 収縮期 140 〜 160 mmHg以下
拡張期血圧 90 mmHg以下


【参考資料】 監修:藤島正敏(九州大学名誉教授) 日経メディカル BANYU 06-01CZR00-J-0201SA(2)


一般の方むけ  歯学部学生諸君むけ 医療・福祉・介護の専門家むけ

このホームページは、作者の個人的なフィロソフィーおよび情報収集により構成されています。


[目次へ] [学生目次へ]

copyright teasugar.net 2000-2004

About teasugar.net