teasugar.net

 日常生活自立度(寝たきり度)判定基準


 高齢者の診療において,ADLの知識は必須である.通院困難な患者はもちろんであるが,通院してくる外来患者の日常生活自立度の把握は特に重要である.普段,どのような生活をしているのか,通院条件はどうか,通院に無理はないのか,それら患者の条件を十分に把握し,診療方針に加味したい.


判定基準

  ランク 判定基準
生活自立 何らかの障害等を有するが,日常生活はほぼ自立しており独力で外出する

J1:交通機関等を利用して外出する
J2:隣近所へなら外出する
準寝たきり 屋内での生活はおおむね自立しているが,介助なしには外出しない

A1:介助により外出し,日中はほとんどベッドから離れて生活する
A2:外出の頻度が少なく,日中も寝たり起きたりの生活をしている
寝たきり 屋内での生活は何らかの介助を要し,日中もベッド上での生活が
主体であるが,座位を保つ

B1:車椅子に移乗し,食事,排泄はベッドから離れて行う
B2:介助により車椅子に移乗する
一日中ベッドの上で過ごし,排泄,食事,着替において介助を要する

C1:自分で寝返りをうつ
C2:自分では寝返りもうたない

 


【参考資料】 「今日からできる訪問歯科診療の手引き(改訂版) 全国保険医団体連合会 月刊保団連 No. 666 2000年


一般の方むけ  歯学部学生諸君むけ 医療・福祉・介護の専門家むけ

このホームページは、作者の個人的なフィロソフィーおよび情報収集により構成されています。


[目次へ] [学生目次へ]

copyright teasugar.net 2000-2004

About teasugar.net